野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 加藤豪将
  • 加藤豪将、メジャーへの熱き思い芽生えたイチロー氏“生観戦”「可能性が1%でも…」

加藤豪将、メジャーへの熱き思い芽生えたイチロー氏“生観戦”「可能性が1%でも…」

マーリンズとマイナー契約を結び招待選手としてキャンプに参加している加藤豪将内野手が5日(日本時間6日)、陽光が降り注ぐフロリダの地でメジャー初昇格への思いと、今を支える起伏に富んだマイナー時代を振り返った。

マーリンズ・加藤豪将【写真:木崎英夫】
マーリンズ・加藤豪将【写真:木崎英夫】

ヤンキース傘下からマーリンズ傘下に移籍、OP戦でユーティリティとして奮闘中

 マーリンズとマイナー契約を結び招待選手としてキャンプに参加している加藤豪将内野手が5日(日本時間6日)、陽光が降り注ぐフロリダの地でメジャー初昇格への思いと、今を支える起伏に富んだマイナー時代を振り返った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 2013年にヤンキースからドラフト2巡目で指名を受けて入団。ピラミッド式になる傘下のマイナー下部組織に属するチームを一歩ずつ登り、昨季はマイナー7年目で3Aに辿り着いた。この日はキャンプインから初めて迎える完全休養日。それでも室内での打ち込みを行うなど、明日への準備を整えた。「バットを振るのが好きなんです」と笑みを浮かべる加藤は、トレーニング前の寛ぎの時間を特別に割いてくれた。

 ここまでオープン戦に9試合出場し、三塁、二塁、一塁に就く「ユーティリティ・プレーヤー」で無失策。打撃では9打数3安打3四球3三振4得点。打率.333。この数字で加藤本人が一番の手応えを感じているのが「四球」だと言う。

「マイナー3Aにはメジャーとマイナーの昇降格を繰り返す投手や、もう一花咲かせて野球人生を締めくくりたいと奮闘するベテラン投手もいます。そういう投手たちとようやく対戦できるようになり、2A時代まではなかった“投手と打者の駆け引き”の空気が流れる中で、見極められている四球は自信になります」

 昨冬に理想と描く、追い求めてきた打撃フォームが固まった。

「去年のヤンキース3Aのフィル・プランティア打撃コーチの家とサンディエゴの僕の実家は徒歩5分なんです。ほぼ毎日のように指導をしてもらい、模索してきた柔軟性を利かせる僕の体に最も合った打撃フォームを固めることができました。オープン戦でヒットに結び付かない打席でも、作り上げたフォームでバットが振れているので気にしてません」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」