野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日開幕ローテを予想 昨季11勝の柳は本拠地開幕、開幕投手大野雄を中5日起用も

7年連続Bクラスからの脱却を目指す中日にとって、スタートダッシュは欠かせない。先発陣では、エース左腕の大野雄大が開幕投手に内定。さらに昨季チーム最多11勝を挙げた柳裕也ら若手の頭数は豊富。キャンプからオープン戦へと進行する中で、今季の開幕ローテの顔ぶれを予想した。

中日の大野雄大(左)と柳裕也【写真:小西亮】
中日の大野雄大(左)と柳裕也【写真:小西亮】

阿波野投手コーチは熾烈な先発ローテ争いに手応え「チーム内競争ができる状況になってきている」

 7年連続Bクラスからの脱却を目指す中日にとって、スタートダッシュは欠かせない。先発陣では、エース左腕の大野雄大が開幕投手に内定。さらに昨季チーム最多11勝を挙げた柳裕也ら若手の頭数は豊富。キャンプからオープン戦へと進行する中で、今季の開幕ローテの顔ぶれを予想した。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

「チーム内競争ができる状況になってきている」。春季キャンプ最終盤、先発ローテ陣について阿波野秀幸投手コーチはそう頷いた。3月20日の広島との開幕戦(マツダスタジアム)のマウンドは、大野雄に任せることが決定。2番手以降の候補ついて問われると、「柳なんかもいるし」と続けた。

 柳は大野雄と共に左右のエースとして期待がかかる存在。オープン戦の登板間隔から考えて、3月24日からの巨人3連戦(ナゴヤドーム)での起用が確定的。柳自身は「先のことは何も言われていません」と言うが、本拠地開幕への思いは強い。2018年に同じ巨人相手にホーム初戦の先発を任され、4回途中4失点でKOされた。「やり返したいし、ナゴヤドーム開幕で投げたい気持ちはあります」と言い切る。

 この2枚看板に続く存在として、伸び盛りの若手たちが揃う。昨季左肩痛から復帰した22歳の小笠原慎之介と、プロ3年目の20歳で身長167センチ右腕・山本拓実の2人は、今後のオープン戦で大崩れを繰り返さない限りはローテ入りを果たしそう。その山本は「ローテを狙える立場にいることはありがたいし、狙いたい。今は自分がダメになって2軍に落ちるというイメージもない」と自信をみなぎらせる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」