野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 山口俊
  • 山口俊のローテ漏れを番記者が予想「救援でも良い」 ファンも反応「1億%賛成する!」

山口俊のローテ漏れを番記者が予想「救援でも良い」 ファンも反応「1億%賛成する!」

ブルージェイズの山口俊投手は5日(日本時間6日)に行われたフィリーズとのオープン戦で3回から2番手で登板。2回1/3で3本塁打を浴びるなど、5安打2四球1奪三振4失点と打ち込まれた。

ブルージェイズ・山口俊【写真:Getty Images】
ブルージェイズ・山口俊【写真:Getty Images】

5番手を争うソーントンは2試合に投げ5回無安打無失点とアピール続ける

■フィリーズ 5-3 ブルージェイズ(OP戦・日本時間6日・クリアウォーター)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ブルージェイズの山口俊投手は5日(日本時間6日)に行われたフィリーズとのオープン戦で3回から2番手で登板。2回1/3で3本塁打を浴びるなど、5安打2四球1奪三振4失点と打ち込まれた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」ブルージェイズ番のアンドリュ―・ストエテン記者は自信のツイッターで「ヤマグチのフィリーズ戦の5回は、本塁打、三振、四球、本塁打、二塁打。トレント・ソーントンは5番手のスターター争いで優位に立っている」と投稿。

 先発ローテーション5番手の枠を争うトレント・ソーントン投手はここまで2試合に投げ5回無安打無失点。対する山口は3試合に投げ6回10安打8失点と対象的な成績となっている。

 ストエテン氏は「ヤマグチがどうなるかは、もう少し時間が経たないと分からない」とした上で「しかし、ブルージェイズのベストローテーションは、柳、ロアーク、シューメーカー、ピアーソン、ソーントンであることは否定できない」とソーントンの名前を5番手に挙げている。

 このツイートにファンは「1億%イエス(賛成する)! まだ早すぎるけど、ヤマグチは、ロング・リリーバーのほうが良いのではないかな」と反応。これに対しストエテン氏は「ショートリリーバーでも良いと思うよ。日本では、ローテーション入りする前は、クローザーとして、成功していたからね」と救援での起用を提案している。

 先発での起用を希望している山口ではあるが、ここまでのオープン戦では思うようなアピールが出来ていない。果たして念願のローテーション枠を勝ち取ることはできるのだろうか。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」