野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

新型コロナに揺れる球界 プロ野球からアマチュア、海外まで様々な対応

新型コロナウイルスの脅威は、世界中に影響を与えている。日本や韓国、アメリカ、プロからアマチュアまで、球界も様々な対応策を打ち出している。

西武・松坂大輔【写真:宮脇広久】
西武・松坂大輔【写真:宮脇広久】

ジェット風船の使用自粛からファンサービス自粛、興行にも影響

 新型コロナウイルスの脅威は、世界中に影響を与えている。日本や韓国、アメリカ、プロからアマチュアまで、球界も様々な対応策を打ち出している。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 プロ野球では、新型コロナウイルス感染拡大防止措置としてオープン戦全72試合、春季教育リーグ全試合を無観客試合として開催している。また2日には、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と共同で、「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設置し、専門家チームを置くことを発表した。

 流行の兆しを見せた2月上旬には練習試合、オープン戦でのジェット風船の使用自粛を阪神ら複数球団が呼びかけ、楽天は1軍公式戦でのジェット風船使用自粛の可能性を発表した。またサイン、握手、写真撮影、プレゼントの直接の受け渡し等のファンサービスの自粛を多くの球団が発表している。

 興行面にも大きな打撃が出ている。巨人は2月29日から一般発売された、東京ドーム開催の巨人戦6試合(3月27日~29日・ヤクルト戦、3月31日~4月2日・阪神戦)のチケットについて、「お並びいただく列が数百人を超えることが予想される」として窓口販売を中止。オンラインとコンビニ等では予定通り発売されている。さらに各球団で激励会や壮行会などのイベントも中止となっている。

 また、製造ラインや輸送への影響も大きく、中日は来場者プレゼントの受け渡し方法の変更の可能性を球団公式サイトで発表。3月24日の名古屋ドーム開幕戦でプレゼントを予定していた「昇竜松明(たいまつ)」は当日配布ができなくなったとして、後日配布を予定した。その他の球団でも同様のケースで来場者プレゼントの配布方法を変更するなど対応が迫られている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」