野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • “野戦病院”ヤンキース、正捕手サンチェスも背中痛訴える 指揮官「心配はしていない」

“野戦病院”ヤンキース、正捕手サンチェスも背中痛訴える 指揮官「心配はしていない」

ヤンキースのゲーリー・サンチェス捕手が7日(日本時間8日)、背中痛で打撃練習から外れたことをAP通信が伝えている。

ヤンキースのゲーリー・サンチェス【写真:Getty Images】
ヤンキースのゲーリー・サンチェス【写真:Getty Images】

ブーン監督は「大きな問題になるとは思っていない」とコメント

 ヤンキースのゲーリー・サンチェス捕手が7日(日本時間8日)、背中痛で打撃練習から外れたことをAP通信が伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 アーロン・ブーン監督はサンチェスが試合に2試合連続で出場した疲労から生じた痛みだと推察した上で「あまり心配はしていない。大きな問題になるとは思っていない」とコメントした。

 ヤンキースは6日(同7日)に主砲のアーロン・ジャッジ外野手の肋骨の骨折が判明し、開幕が絶望となっていた。さらにジャンカルロ・スタントン外野手は右ふくらはぎに張りを訴えアーロン・ヒックス外野手も昨年トミー・ジョン手術を受けたため、開幕は絶望的となっている。

 投手陣も昨季15勝のジェームズ・パクストン投手が腰の手術で開幕絶望。2018年に19勝を挙げたルイス・セベリーノ投手に至っては右肘のトミー・ジョン手術を受けるため今季絶望となっている。

 続々と故障者が相次ぎ野戦病院と化したヤンキース。指揮官は軽症としてはいるが、正妻サンチェスが離脱となると大きな痛手となってしまう。2009年以来の世界一を目指すシーズンの開幕を前にして暗雲が立ち込めている。

(Full-Count編集部=AP)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」