野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・松本、残り“1枠”の開幕ローテ入りへ前進 紅白戦で4回零封「意識はしている」

ソフトバンクは9日、本拠地PayPayドームで全体練習を行い、4イニング制の紅白戦を実施した。白組で先発した松本裕樹投手は4回無失点の好投で、開幕ローテ入りへ前進した。

紅白戦に登板したソフトバンク・松本裕樹【写真:藤浦一都】
紅白戦に登板したソフトバンク・松本裕樹【写真:藤浦一都】

残るイスを争う二保との競争は決着つかず、工藤監督「あと1回見てから」

 ソフトバンクは9日、本拠地PayPayドームで全体練習を行い、4イニング制の紅白戦を実施した。白組で先発した松本裕樹投手は4回無失点の好投で、開幕ローテ入りへ前進した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 残り1つとなった開幕ローテの枠を巡って松本と二保の投げ合いとなった紅白戦。松本は4回を投げて被安打1、3奪三振、2四球で無失点に抑え「どんな形であれゼロで終われたのは良かった。今まで取り組んできたことが自信になって、どんどんストライクを取りにいけている。まっすぐは比較的走っているし、スライダーの感覚も良かった」と振り返った。

 ローテの最後のイスを争う二保との“直接対決”を「プレッシャーはなかった。相手に向かって行くことだけを考えた」と語った松本。この日は互いに好投を見せ、工藤公康監督は「どちらも遜色ない出来。あと1回見てから」と結論を先延ばししたが、松本は「そこ(開幕ローテ)に入ることで1年間1軍で投げるという目標が達成できるので意識はしている」と、改めて初の開幕ローテ入りに意欲を示した。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」