野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 1死満塁からのフェン直二塁打で1得点…まさかの顛末に非難殺到「どんなベーラン」

1死満塁からのフェン直二塁打で1得点…まさかの顛末に非難殺到「どんなベーラン」

メジャーリーグのオープン戦で捕手が1プレーで2つのアウトを奪う珍事が起こった。9日(日本時間10日)に行われたブルージェイズ対パイレーツ戦で起こった“珍併殺”をMLB公式インスタグラムが動画を添え「完璧なダブルプレー」と伝えている。

パイレーツのオニール・クルーズ【写真:Getty Images】
パイレーツのオニール・クルーズ【写真:Getty Images】

1死満塁から中堅フェンス直撃のタイムリーも奪った得点は1点だけ…

■Bジェイズ 3-1 パイレーツ(オープン戦・日本時間10日・ブレーデントン)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 メジャーリーグのオープン戦で捕手が1プレーで2つのアウトを奪う珍事が起こった。9日(日本時間10日)に行われたブルージェイズ対パイレーツ戦で起こった“珍併殺”をMLB公式インスタグラムが動画を添え「完璧なダブルプレー」と伝えている。

 パイレーツは7回1死満塁の絶好機でクルーズが中堅フェンス直撃のタイムリー二塁打を放った。中堅・ヤングはクッションボールを処理し遊撃スミスへ送るカットプレーでボールは捕手キャントウェルのグラブへ。スタートが遅れた二走・クレイマーがタッチアウトとなると、すぐ後ろを走っていた一走・マーティンも連続でタッチされ3アウトとなった。

 中堅ヤングが追うのを諦めクッションボールに備える大飛球で走者一掃かと思われたが、2つのアウトを奪われチェンジとなった“珍プレー”。パイレーツの走塁ミスにはファンも呆れかえっていた。

「パイレーツがやりそうなことだ」

「もちろん、パイレーツ」

「パイレーツの今季が予想できる」

「これが俺のパイレーツだ」

「完璧な送球リレー」

「どんなベースランニングだよ」

「三塁コーチはクビ!」

「カノン砲」

 昨季は69勝93敗と大きく負け越しナ・リーグ中地区で最下位に低迷したパイレーツ。調整段階のオープン戦で見せた“失態”だったがファンの不安は募るばかりだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」