野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ入り鳥谷、ネイビースーツでZOZOマリンに登場 井口監督らに挨拶

ロッテ入りが決まった鳥谷敬内野手が11日、井口資仁監督らに挨拶をするために本拠地ZOZOマリンスタジアムを訪れた。

ロッテの本拠地ZOZOマリンスタジアムを訪れた鳥谷敬(右)【写真:宮脇広久】
ロッテの本拠地ZOZOマリンスタジアムを訪れた鳥谷敬(右)【写真:宮脇広久】

昨季限りで阪神を退団、10日にロッテ入りが決まった

 ロッテ入りが決まった鳥谷敬内野手が11日、井口資仁監督らに挨拶をするために本拠地ZOZOマリンスタジアムを訪れた。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 午前8時30分過ぎ。鳥谷は松本尚樹球団本部長と共にネイビーのスーツ姿で登場した。阪神を自由契約になった後、現役続行の道を模索していた38歳のレジェンドは春季キャンプが終わり、オープン戦期間も終盤に入った前日10日、ようやく所属先が決まった。単年契約で年俸は1軍最低保障額1600万円(推定)。背番号は00。

 鳥谷は井口監督の現役時代にシーズンオフの自主トレを一緒に行い、現在も同じ株式会社PAMS(パムズ)のマネジメントを受けるなど親交が深い。阪神時代には遊撃以外にも三塁、二塁の守備にも就いており、井口監督からは「内野は全部守ってもらいたい」とユーティリティープレーヤーとして期待されている。

 2003年のドラフトで自由枠で阪神に入団し遊撃のレギュラーに定着。通算2169試合に出場し2085安打、打率.280、138本塁打、822打点、131盗塁をマーク。歴代2位となる1939試合連続出場、ベストナイン6度、ゴールデン・グラブ賞5度を獲得するなど球界を代表する遊撃手として活躍。昨年は代打を中心に74試合出場、打率.207、19安打、本塁打0に終わり戦力構想から外れていた。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」