野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神マルテ、オリ山岡からOP戦2号となる豪快2ラン ボーア、サンズも安打で結果

阪神のジェフリー・マルテ内野手が13日、京セラドームでの主催試合でオリックスの開幕投手が内定している山岡から豪快なオープン戦2号弾を放った。

阪神のジェフリー・マルテ【写真:荒川祐史】
阪神のジェフリー・マルテ【写真:荒川祐史】

高めに抜けた変化球を見逃さず、無人の左翼席へ突き刺す

■阪神 – オリックス(オープン戦・13日・京セラドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 阪神のジェフリー・マルテ内野手が13日、京セラドームでの主催試合でオリックスの開幕投手が内定している山岡から豪快なオープン戦2号弾を放った。

 2点リードの3回、1死一塁の第2打席に快音が響いた。オリックス先発の山岡がカウント1-1から高めに浮いた変化球を完ぺきに捉え、無人の左翼席へ軽々と運んだ。マルテのオープン戦2本目となる2ランで点差を4点に広げた。

 この日は、クリーンアップにマルテ、ボーア、サンズを並べる強力布陣。ボーアは2回に中前打、サンズも3回に左前打を放つなどそれぞれ結果を残した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」