野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、敵失で“関西ダービー”サヨナラ勝ち! 先発秋山好投も藤川は1回5失点と不安を残す

阪神は13日、京セラドームで主催試合として行われたオリックス戦に、6-5でサヨナラ勝利を収めた。陽川がサヨナラ失策を誘う痛烈な打球を放ち、幕切れとなった。

阪神・陽川尚将【写真:津高良和】
阪神・陽川尚将【写真:津高良和】

藤川は1回5失点と不安の残る内容に

■阪神 6-5 オリックス(オープン戦・13日・京セラドーム)

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 阪神は13日、京セラドームで主催試合として行われたオリックス戦に、6-5でサヨナラ勝利を収めた。陽川がサヨナラ失策を誘う痛烈な打球を放ち、幕切れとなった。

 阪神はオリックスの開幕投手が内定している先発の山岡を攻めた。2回、糸原の適時二塁打、梅野の適時打で2点を先制。3回にもマルテのオープン戦2号目となるアーチが出るなど4点のリードを奪う展開に。

 投げては先発の秋山が5回3安打無失点の好投。2番手の藤川が5回に捕まりT-岡田らの本塁打などで逆転を許すも、7回には原口の適時打で同点に。

 このまま同点で終わるかと思われた9回、オリックス4番手の神戸相手に1死一、三塁と攻め立てると陽川がサードへ痛烈な打球を放ち、これを三塁手の中川が後逸。サヨナラとなった。

 好調投手陣の中で、2番手の藤川のみが5失点を献上する炎上と、不安の残る内容となった。

 オリックスは開幕投手内定の山岡が4失点とイマイチの内容も、打線はT-岡田が特大の3ランを放つなど明るい材料も見られた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」