野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2回完全、最速154キロでも不満? 鷹・古谷、辛口自己採点のワケ「腕が振れてない」

ソフトバンクの古谷優人投手が、2イニングをパーフェクトに封じる好リリーフでアピールした。13日の広島とのオープン戦に4回から登板し、1人の走者も許さずに2回無安打無失点と好投した。

4回から登板したソフトバンク・古谷優人【写真:藤浦一都】
4回から登板したソフトバンク・古谷優人【写真:藤浦一都】

広島打線に出塁すら許さずも「物足りなさがありますね。自分の中では微妙」

■ソフトバンク 10-5 広島(オープン戦・13日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの古谷優人投手が、2イニングをパーフェクトに封じる好リリーフでアピールした。13日の広島とのオープン戦に4回から登板し、1人の走者も許さずに2回無安打無失点と好投した。

 東浜の後を受けて4回からマウンドに上がった古谷。先頭のピレラをこの日最速の154キロで一邪飛に打ち取ると、150キロ超えを連発して會澤を空振り三振、田中を遊ゴロに仕留めた。2イニング目も小園を見逃し三振、野間をニゴロに抑え、最後は菊池を三ゴロに仕留めた。

 2イニングを投げて2つの三振を奪うパーフェクトリリーフ。投じたストレート20球のうち、150キロ超えが13球と剛球を連発したが、試合後の古谷自身は辛口の自己評価。「物足りなさがありますね。自分の中では微妙。腕が振れていないような、リリースの腕の振りが探り探りになっている」と振り返った。

 2月23日のオリックス戦で6四球と大乱調に陥った古谷。一時はクイックで投げるなど調子を落としていた。ただ、10日の巨人戦では最速155キロをマークするなど徐々に復調気配。この日は154キロをマークしながら「指のかかり、リリースの一押しができていない感覚」と納得がいかない様子だった。

 それでも抑えられるのは、球に力がある証拠。開幕1軍入りに前進している左腕は「全てにおいて結果を出さないといけない」と固い決意を口にしていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」