野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武が相次ぐ不正転売の防止へ注力 公式チケットリセールサイトをオープン

西武は12日に「埼玉西武ライオンズ公式 チケットリセール by チケット流通センター」をオープンした。これにより、インターネット上でのチケット売買を、球団公認でできるようになる。今回は公式リセールオープンの背景、リセールとはどのようなメリットがあるのかを球団担当者のコメントとともに紹介したい。

西武は「埼玉西武ライオンズ公式 チケットリセール by チケット流通センター」をオープン【画像提供:埼玉西武ライオンズ】
西武は「埼玉西武ライオンズ公式 チケットリセール by チケット流通センター」をオープン【画像提供:埼玉西武ライオンズ】

昨季は不当転売を確認した70名以上のファンクラブ会員などを退会処分

 西武は12日に「埼玉西武ライオンズ公式 チケットリセール by チケット流通センター」をオープンした。これにより、インターネット上でのチケット売買を、球団公認でできるようになる。今回は公式リセールオープンの背景、リセールとはどのようなメリットがあるのかを球団担当者のコメントとともに紹介したい。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 西武戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨今、チケットの買い占めや不当な高額転売が問題視されているが、株式会社西武ライオンズでマーケティングを担当する遠藤靖士さんはこう見ている。

「純粋に試合を観戦したい方が、チケットを定価で買えないという状況が発生していることは課題として捉えています。また、定価で購入できなかった方が、来場されるために高額転売のチケットを買っている状況も課題です。この状況が、ファンのみなさまの満足度の低下につながっていると考えます」

 ファンからも、この問題に関する意見が2017年クライマックスシリーズ以降に増えたという。事態を重くみた球団は「試合観戦契約約款」に基づき、球団が公式の販売窓口以外でのチケット販売は認めないこととし、昨シーズンは不当な転売が確認できた70名以上のファンクラブ会員やチケット会員を退会処分とした。

 その一方で利益を目的としない“友人・家族間などの譲渡は転売行為ではない”としていたが、球団には「身近に譲る人がいないが、席が空いてしまうことが心苦しいため、二次流通サイトやSNSで譲った」という意見も届いていた。そこで来場者がチケットを適切に譲渡できる場を設けるべく、今回の公式チケットリセールサイトのオープンに至ったのだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」