野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・工藤監督が2安打の上林を高評価「伝わっています」 風邪で出遅れもアピール

ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームで広島とオープン戦を戦い、4-4で引き分けた。工藤公康監督は「僕の中では評価しています」と、2安打に加えて足でも結果を出した上林誠知外野手の働きを高評価していた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

キャンプ終盤に風邪で離脱し、13日の広島戦で1軍に合流したばかり

■ソフトバンク 4-4 広島(オープン戦・14日・PayPayドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームで広島とオープン戦を戦い、4-4で引き分けた。工藤公康監督は「僕の中では評価しています」と、2安打に加えて足でも結果を出した上林誠知外野手の働きを高評価していた。

 この日、「7番・右翼」で2月23日のオリックス戦以来となるオープン戦スタメンとなった上林。2回に右前安打を放つと、5回にも右前安打で出塁。続く佐藤の左前安打で一気に三塁へ進むと、三森の一ゴロで一気に生還。一時勝ち越しとなるホームを陥れる好走塁を見せた。

 同点で迎えた9回には四球で出塁。続く佐藤の初球でいきなり盗塁を決め、犠打で三塁へ進んだ。結果的に得点には繋がらなかったものの、サヨナラのチャンスを作り出した。この日は3打数2安打。風邪による離脱があり、1軍復帰は前日だったが、オープン戦はこれで7打数5安打、打率は.714となった。

 風邪で出遅れることになった上林だが、ここ2試合では存在感を示している。工藤監督も「低めを拾ったり、そういう時はボールが見えているときだと思う。(今季にかける思いは)伝わっていますね。キャンプの時から走り込んできたとも言っていたし、風邪はありましたけど、それまでは2打数2安打でしたし、僕の中では評価しています」と評価していた。

 投げては先発の松本が3回1失点、二保が3回無失点と、先発ローテを争う2人が好投。指揮官は「次投げる時は別々なのか、一緒なのかというのはあるけど、何らかの形で投げてもらいたい」と、2人を高く評価。開幕が延期となったこともあり、今後もしばらくは2人ともにローテ候補として競争させていく考えを示していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」