野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹バレンティンの打球速度がエグい…“怖すぎ”痛烈弾丸タイムリーにファンも驚愕

ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手が放ったあまりにも痛烈すぎる打球を「パーソル パ・リーグTV」が「“一瞬で外野”怖すぎるバレンティンの痛烈適時打」のタイトルでYouTubeに公開し話題を呼んでいる。

ソフトバンクのウラディミール・バレンティン【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのウラディミール・バレンティン【写真:藤浦一都】

今季からソフトバンクに加入したバレンティンは走塁でもハッスルプレー

■ソフトバンク 4-4 広島(オープン戦・14日・PayPayドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手が放ったあまりにも痛烈すぎる打球を「パーソル パ・リーグTV」が「“一瞬で外野”怖すぎるバレンティンの痛烈適時打」のタイトルでYouTubeに公開し話題を呼んでいる。

 PayPayドームで14日に行われた広島とのオープン戦の初回の出来事だ。1死一、二塁で打席に立ったバレンティンはカウント2-0から広島先発の床田が投じた3球目をフルスイングした。「カーンッ」と響く打球音を残すあっという間に打球はレフトへ転がり、チームに先制をもたらすタイムリーとなった。試合は終盤までもつれ4-4の引き分けに終わった。

 この怖すぎる痛烈打にファンからは「これがホームランの打ち損ないがヒットってやつか」、「速すぎてランナー次第じゃ帰って来れなさそう」、「これだから内野は怖いんだよなぁ」などと驚愕の声が挙がっていた。

 今季からソフトバンクに加入したバレンティンはオープン戦では20打数7安打2本塁打と新天地でも持ち前の打撃力を発揮している。走塁でも全力疾走のパワフルプレーを見せるなどオープン戦からプレーに熱が入っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」