野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム栗山監督「こうしたら、どうなるんだろう…」 金子を本番見据えて救援起用

日本ハムは15日、本拠地でDeNAに1-7で敗れ、オープン戦を6勝6敗2分。6位で終えた。先発したマルティネス投手が5回5安打1失点と順調な仕上がり。右前腕などの故障で昨季を棒に振った右腕の危なげない投球に栗山英樹監督は「ボールも良かったし、安定感が出てきた」と目を細めた。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

金子は6回2死一塁から3番手として救援、4連打などで4失点した

■DeNA 7-1 日本ハム(オープン戦・15日・札幌ドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 日本ハム戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムは15日、本拠地でDeNAに1-7で敗れ、オープン戦を6勝6敗2分。6位で終えた。先発したマルティネス投手が5回5安打1失点と順調な仕上がり。右前腕などの故障で昨季を棒に振った右腕の危なげない投球に栗山英樹監督は「ボールも良かったし、安定感が出てきた」と目を細めた。

 1-1の同点で迎えた6回2死一塁で、金子弌大投手をリリーフとして送り込んだ。その場面については「こういう風にしたらどうなんだろうと見させてもらう時間があるので」と説明。「いきなりクイックでいかなきゃいけないということは先発ピッチャーではないことだから」。結果的に四球を挟んで4連打を許したが、公式戦で想定されるシチュエーションをあえて作った狙いを明かした。

 リリーフ陣では、9回にマウンドに上がった育成ルーキーの長谷川凌汰投手が1安打無失点と好投して、オープン戦5試合5イニングを無失点フィニッシュ。栗山監督は「何が何でもという必死な気持ちは伝わってくるし、改めて魂を持ってやりきるということの重要性を示してくれている」と称賛した。

 オープン戦を終え、本来開幕するはずだった20日からは敵地で西武との練習試合が予定されている。開幕日が決まらない中で難しい調整を強いられるが、「今日でオープン戦が終わって、開幕したつもりでいく。開幕したと思えば、調子がどうのこうのじゃない。もう開幕するので、しっかりやります」と力を込めた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」