野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神近本の華麗なスライディング生還に脚光 タイミングはアウトも足技で1点奪取

阪神の近本光司外野手が15日、オリックスとのオープン戦(京セラドーム)で華麗なスライディング生還を披露した。

阪神・近本光司【写真:荒川祐史】
阪神・近本光司【写真:荒川祐史】

原口の三ゴロで本塁突入→タイミングはアウト→足技で捕手のタッチをかいくぐる

■オリックス – 阪神(オープン戦・15日・京セラドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 阪神の近本光司外野手が15日、オリックスとのオープン戦(京セラドーム)で華麗なスライディング生還を披露した。

 2点を追う4回先頭で左腕・田嶋から中前打を放って出塁。二盗、暴投で三塁へ進むと、原口のボテボテの三ゴロで本塁へスタートした。タイミングはアウトだったが、タッチをかいくぐるようにしてスライディング。左足で本塁ベースを触って1点をもぎ取った。

 新人だった昨季は36盗塁を決めて盗塁王。159安打を放って長嶋茂雄氏が保持していたセ・リーグ新人安打記録を更新した。また、オールスターではサイクル安打を記録して球宴MVPを受賞。今季の活躍も期待できる好走塁だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」