野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武松坂に新魔球? 燕村上K斬りは「スプリット・チェンジ」凱旋登板一問一答

西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手が15日、ヤクルトとのオープン戦(メットライフ)で6回から3番手で登板し、3回1安打3奪三振無失点。かつて主戦場だったメットライフドームでの“凱旋登板”を上々の結果で飾った。試合後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】
西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】

松坂はメットライフ"凱旋登板”で3回1安打無失点「公式戦だったら、また違うんじゃないですか」

■西武 3-1 ヤクルト(オープン戦・15日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手が15日、ヤクルトとのオープン戦(メットライフ)で6回から3番手で登板し、3回1安打3奪三振無失点。かつて主戦場だったメットライフドームでの“凱旋登板”を上々の結果で飾った。試合後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

――今回の登板のテーマは。
「これから状態を上げていかなければいけない中で、フォームの確認、球種の確認ですね」

――6回先頭の山田をカットボールで空振り三振に仕留めた。
「特に何も。(三振を)取れたらいいなとは思いましたが、取れると思って投げた球ではないし、友哉(捕手の森)も取るつもりでサインを出したのではないと思います」

――投球全体の手応えは。
「セットポジションの時の方が全体的によかった。少しずつですけど前進はしているかなと思います」

――公式戦開幕が延期となった。
「本来はなかったはずの時間ですから、プラスにとらえて、少しでもいい状態でシーズンに入れるような時間の使い方をしていきたいです」

――メットライフドーム凱旋登板の感慨は。
「いや、特にないですね。まだオープン戦ということもあると思います。これが公式戦だったら、また違うんじゃないですかね」

――8回、村上を三振に取る直前、右翼ポール際に大ファウルを打たれた。
「あれは打った瞬間のタイミングで、ファウルになると思っていました」

――そして、次の球のフォークで空振り三振に仕留めた。
「その前に(カウント2-2から)同じボールを見送られているんですが、フルカウントからなら振ってくれると思って投げました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」