野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

12球団ルーキーのOP戦はどうだった? ロッテ福田光、鷹津森、中日郡司ら光る、巨人は出場ゼロ

プロ野球のオープン戦は15日に6試合が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大により、開幕は延期となってしまったものの、無観客で行われてきたオープン戦はこれで終了。ここから先、各球団は練習試合を行いながら、新たに決まる開幕の日に向けて調整を続けていくことになる。

ロッテ・福田光輝【写真:荒川祐史】
ロッテ・福田光輝【写真:荒川祐史】

DeNAの坂本や広島の森下は開幕ローテ入りの可能性も

 プロ野球のオープン戦は15日に6試合が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大により、開幕は延期となってしまったものの、無観客で行われてきたオープン戦はこれで終了。ここから先、各球団は練習試合を行いながら、新たに決まる開幕の日に向けて調整を続けていくことになる。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 主力選手の調整とともに、オープン戦の注目ポイントと言えば、各球団の新戦力たち。その中でも、昨秋のドラフトで指名されたルーキーたちがプロの世界でどれほど通じるかはファンにとっても気になるところだろう。
 
 そこで、今季のオープン戦での各球団たちのルーキーたちの成績を振り返り、開幕1軍入り(開幕がいつになるかは分からないが…)の可能性を感じさせている“ゴールデンルーキー”たちをピックアップしてみよう。まずはセ・リーグだ。

○巨人
新人のOP戦出場なし

○DeNA
2 坂本裕哉 2試合0勝1敗0S 防3.86
3 伊勢大夢 2試合0勝0敗0S 防0.00

○阪神
2 井上広大 2試合3打数1安0本1点 .333
4 遠藤成 2試合2打数0安0本0点 .000
5 藤田健斗 1試合1打数0安0本0点 .000
6 小川一平 2試合0勝0敗0S 防0.00
育1 小野寺暖 1試合4打数1安0本0点 .250

○広島
1 森下暢仁 4試合0勝1敗0S 防4.20
2 宇草孔基 5試合7打数3安0本1点 .429
5 石原貴規 1試合1打数1安0本0点 1.000

○中日
2 橋本侑樹 3試合0勝0敗0S 防0.00
3 岡野祐一郎 2試合0勝1敗0S 防0.00
4 郡司裕也 10試合14打数5安0本0点 .357

○ヤクルト
2 吉田大喜 2試合0勝1敗0S 防7.71
3 杉山晃基 3試合0勝1敗0S 防13.50
4 大西広樹 4試合0勝0敗0S 防4.50
6 武岡龍世 1試合1打数0安0本0点 .000

 13試合連続勝ちなし、9連敗でオープン戦最下位となった巨人はルーキーのオープン戦出場はなし。DeNAは坂本、伊勢のドラ2とドラ3投手がそれぞれ2試合に登板。坂本は13日の日本ハム戦で4回無失点と好投してローテ入りをアピール。伊勢も2試合を無失点に封じている。

 広島の森下は4試合に登板。15日のソフトバンク戦では5失点と苦戦したものの、開幕ローテ入りは確実な状況だ。中日の橋本、岡野の両投手もそれぞれ防御率0.00でオープン戦を終えて開幕1軍入りをアピール。郡司も10試合に出場。打数は少ないものの、打率.357と結果を残しており、開幕1軍入りの可能性は高そうだ。

 ヤクルトでは2位の吉田、3位の杉山がそれぞれ2試合、3試合と登板しているが、やや苦戦。阪神の井上、遠藤といった高卒ルーキーもオープン戦に出場し、開幕前と言えども1軍の舞台を経験した。今後の成長にとって、1つの糧になるだろう。セ・リーグでは15人の新人がオープン戦の舞台を経験した。続いてパ・リーグだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」