野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

支配下昇格の鷹リチャードが爆笑会見 まず尾形に電話、後ろの座席で「僕にもあるんじゃ…」

ソフトバンクは16日、育成選手だった尾形崇斗投手と砂川リチャード内野手を支配下登録選手に昇格させると発表した。2人はともに周東佑京内野手と同じ2017年の育成ドラフトで入団。3年目での支配下昇格となり、背番号は尾形が「39」、リチャードはかつて川崎宗則氏が背負った「52」に決まった。

会見に臨んだソフトバンク・尾形崇斗(左)とリチャード【写真:福谷佑介】
会見に臨んだソフトバンク・尾形崇斗(左)とリチャード【写真:福谷佑介】

15日の広島戦後の新幹線車内で球団の編成担当から支配下の知らせ

 ソフトバンクは16日、育成選手だった尾形崇斗投手と砂川リチャード内野手を支配下登録選手に昇格させると発表した。2人はともに周東佑京内野手と同じ2017年の育成ドラフトで入団。3年目での支配下昇格となり、背番号は尾形が「39」、リチャードはかつて川崎宗則氏が背負った「52」に決まった。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 この日、支配下選手契約を結んだ2人はPayPayドームで記者会見に臨んだ。まず、尾形は「率直に凄く心の底から喜べる、嬉しい。その喜びを1日感じていたいと思います」と、リチャードは「とても嬉しいけど、やっとプロ野球選手になれたと思う。ここから頑張りたいと思います」とコメントした。

 支配下昇格の知らせは15日の広島戦後、広島から福岡へと戻る新幹線の中で届いた。まず、先に電話が鳴ったのは尾形。その時のことを「聞いた時には1番、両親だったり支えてくれた両親だったり、監督、コーチ、スタッフ、裏方さんへの感謝の気持ちが1番に浮かびました」と振り返った。

 新幹線で、その尾形の後ろに座っていたのがリチャードだった。「尾形に電話がかかってきて『自分ももしかしたらあるんじゃないか』と思いながら待っていました。そしたら電話がかかってきた」と、その時の裏話を披露し報道陣を爆笑させ「とても嬉しくて、親に電話して喜びながら、また頑張ろうと思いました」と、歓喜の瞬間を振り返った。

 尾形は背番号「39」、リチャードは背番号「52」に決まった。新たな2桁の背番号について尾形は「1番最初に思ったのは森さんと千賀さんの間だなと。お二方に近づけるよう、追い越せるように頑張っていきたいと思いました。あとは感謝の意味を込めて『サンキュー』でいい番号だな」と語り、川崎宗則氏の背番号を継ぐことになったリチャードは「自分もああいう愛される選手になれたらいいなと思います」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」