野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・尾形&リチャード、支配下昇格のワケ 三笠GM「1軍で活躍できる」

ソフトバンクは16日、育成選手だった尾形崇斗投手と砂川リチャード内野手を支配下登録選手に昇格させると発表した。2人はともに周東佑京内野手と同じ2017年の育成ドラフトで入団。3年目での支配下昇格となり、背番号は尾形が「39」、リチャードはかつて川崎宗則氏が背負った「52」に決まった。

会見に臨んだソフトバンク・尾形崇斗(左)とリチャード【写真:藤浦一都】
会見に臨んだソフトバンク・尾形崇斗(左)とリチャード【写真:藤浦一都】

会見の冒頭で三笠GMが支配下昇格の経緯を説明「監督、コーチ、フロントの意見が一致した」

 ソフトバンクは16日、育成選手だった尾形崇斗投手と砂川リチャード内野手を支配下登録選手に昇格させると発表した。2人はともに周東佑京内野手と同じ2017年の育成ドラフトで入団。3年目での支配下昇格となり、背番号は尾形が「39」、リチャードはかつて川崎宗則氏が背負った「52」に決まった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 2人は15日の広島戦後に球団から支配下登録の知らせを受け、この日、本拠地PayPayドーム内の球団事務所で正式に支配下選手契約を結んだ。その後、ドーム内で記者会見が行われ、その冒頭、三笠杉彦GMは2人を昇格させることに至った経緯を説明した。

 元来、ソフトバンクでは育成選手の支配下昇格は1軍の戦力となるか、どうかを基準に判断される。2人に関しても、それは例外にあらず。三笠GMは「1軍で十分に活躍できる、能力を発揮できるかどうかを基準にして検討しております。2人に関してはキャンプ、オープン戦を通じて、1軍で活躍できる可能性が十分にあると、監督、コーチ、フロントの意見が一致した」と説明した。

 春季キャンプでA組に抜擢された尾形とリチャード。オープン戦でも尾形が5試合に投げて無失点、リチャードが12試合に出場して2本塁打とそれぞれ結果を残した。三笠GMは「2人とも十分に活躍してくれましたので、今季のリーグ優勝奪還、4年連続日本一に貢献をしてもらいたい」と期待。さらに「2人ともスケールの大きい選手なので、将来のホークスを支える投打の柱として育ってくれるようにこれからも研鑽していただいて、活躍してもらいたいと思っている」と語っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」