野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

NPBの新型コロナ対応策に鷹サファテら難色 日程通りの練習試合開催に「良くない」

新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となったプロ野球。無観客で行われたオープン戦は15日に終了し、ここからは各球団は練習試合を戦いながら、新たな開幕に向けて準備していくことになる。

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

ペナントレースの試合日程通りに練習試合開催、遠征も予定通り

 新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となったプロ野球。無観客で行われたオープン戦は15日に終了し、ここからは各球団は練習試合を戦いながら、新たな開幕に向けて準備していくことになる。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 新たな開幕日はまだ決まっていない。各球団は当初組まれていたペナントレースの試合日程と同じカードで練習試合を戦う。選手のコンディションや移動などを考慮し、両球団の話し合いによって試合数の減少などは都度、行われることになるが、遠征などは当初の日程通りとなる。

 この対応に不満を示したのがソフトバンクのデニス・サファテ投手とリック・バンデンハーク投手だ。

 サファテは自身のツイッターで「これは本当に良くないアイデアだ。チームはそれぞれの街に止まってプレーすべき。移動すれば、1人の選手がウイルスを他のチームの選手に広める可能性がある。それがMLBが全てを中止にした理由だ」とし、遠征を強いるNPBの対応に難色を示した。

 これに呼応するかのように、バンデンハークも「自分たちの街に留まり、プレーすべきだ。遠征や混雑した公共の場所は避けるべき。人々の健康は最も重要で最優先されるもの」とコメントし、サファテの意見に同調した。無観客のまま遠征も行いつつ練習試合を行うNPBの決定に、助っ人たちは違和感を感じているようだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」