野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武森とブルペン投球、外崎と打撃練習? 特別イベント「フリーRUNS」に迫る

2月16日、西武のキャンプ地「南郷中央公園南郷スタジアム」で、パ・リーグオフィシャルスポンサーである総合人材サービス「パーソルグループ」による特別イベント「フリーRUNS(フリーランス)」が行われた。

「フリーRUNS」西武編が行われた【写真:パーソル パ・リーグTV】
「フリーRUNS」西武編が行われた【写真:パーソル パ・リーグTV】

西武の春季キャンプ中に特別イベント「フリーRUNS」が行われた

 2月16日、西武のキャンプ地「南郷中央公園南郷スタジアム」で、パ・リーグオフィシャルスポンサーである総合人材サービス「パーソルグループ」による特別イベント「フリーRUNS(フリーランス)」が行われた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

「フリーRUNS」はパ・リーグ各球団へのFA移籍体験として、春季キャンプで選手たちの練習をサポートする企画。交通費+宿泊費全額支給の好待遇に加え、賞金1万円と一緒に練習をした選手のサイン入りグッズもプレゼントされる。今回は、「外野を駆け回り、山川穂高選手&森友哉選手のホームラン性の当たりをキャッチしよう!」というテーマのもと、875件の応募から選ばれた2名が宮崎県日南市南郷町を訪れた。

 1人目は小学校から高校まで野球部で活動し、現在も週に1回草野球をプレーしている伊藤考弘さん。小学生の卒業文集では将来の夢について、「もし西武ライオンズに入団できなかったら、FA宣言して西武ライオンズに入りたいです」と綴ったという、筋金入りのライオンズファンだ。

 2人目は学生の柏木彩乃さん。小学校、中学校では野球、高校ではソフトボールをプレーした球歴を持つ。長距離打者として「ホームランを打つこと」をチームから求められ、山川、森の打ち方を参考にしていたという。「憧れの2人の力になりたい」と、「フリーRUNS」応募に至った。

 当日の宮崎県は連日の雨空。球場が使えないため、当初予定していた「山川穂高選手&森友哉選手のホームランキャッチ」チャレンジを変更し「外崎修汰選手と打撃練習&森友哉選手のミットめがけて全力投球」を行うことになった。「緊張でガチガチなので、始まったらテンション高くできるように楽しんでいきます!」と、笑顔で意気込みを語った伊藤さん。一方の柏木さんは、「緊張していて肩が上っちゃいそうなんですけど、始まったら選手の方とコミュニケーションを取れるようにがんばります。声を出して!」と元気よく話してくれた。

 参加者2人はユニホームを着用して外崎の待つ室内練習場へ。憧れのプロ野球選手を前に緊張しながらも意気込みを語り、早速打撃練習へ。まずは参加者が外崎へトスを上げる。最初にトスを上げた伊藤さんは、憧れの選手を前に緊張した表情を見せながらも丁寧に行い、打撃練習をサポート。続いてトスを上げた柏木さんも緊張がほぐれていない様子だったが、プロ野球選手との貴重な時間を目に焼き付けていた。

 外崎が打撃練習を終えると、続いて伊藤さんがトスバッティング。まずは素振りをチェックしてもらうと「いいですね! 言うことないです!」と外崎。実践では最後まで真剣な表情で白球を打ち返した。終了後に外崎は「下を向くと下にしか打球がいかないので、前にフォローをとってあげる。そうすると自然に顔も上ってくるので、その感じでやったら良くなると思います」とアドバイスを送った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」