野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

清原は3割30本、松坂は16勝とケタ違い 歴代の名選手たちも苦労した高卒1年目

プロ野球は2020年シーズンの開幕を延期することが決まった。オープン戦も全日程が終わり、各球団は練習試合などを行い調整を続けることになる。予想外の出来事で調整期間が延びチーム編成も微妙に変わってくるかもしれない。

西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】
西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】

高卒新人では楽天の黒川が1軍に帯同し開幕1軍入りも現実味

 プロ野球は2020年シーズンの開幕を延期することが決まった。オープン戦も全日程が終わり、各球団は練習試合などを行い調整を続けることになる。予想外の出来事で調整期間が延びチーム編成も微妙に変わってくるかもしれない。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 そんな中で注目を集めるのが、開幕1軍に割って入ってくるルーキーの存在。高卒、大学、社会人からプロの世界に飛び込み育成、即戦力などチーム状況によって変わってくるが、昨年は広島・小園海斗が高卒1年目ながら開幕1軍入りを手にした。

 今季も広島のドラフト1位・森下暢仁投手、日本ハムの1位・河野竜生投手、ソフトバンクの1位・ドラフト1位・佐藤直樹、同3位・津森宥紀投手、中日の2位・橋本侑樹投手、同3位・岡野祐一郎投手、同4位・郡司裕也捕手らが実戦、オープン戦で結果を残した。

 一方で、高校時代から大きな注目を集めてきたロッテの佐々木朗希投手、ヤクルトの奥川恭伸投手は育成段階ということもあり2軍スタートが濃厚。一方で楽天のドラフト2位・黒川史陽内野手は最後まで1軍に帯同し開幕1軍入りも現実味を帯びている。

 ここでは、高卒でプロ入りし球界を代表するプレーヤーへと成長を遂げた選手たちがルーキーイヤーに、どれだけの成績を残してきたのか振り返ってみる。まずはすでに現役を退いた名プレーヤーたち。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」