野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人岡本の“天井直撃打”にDeNA騒然 結果は三飛

巨人の岡本和真内野手が21日、東京ドームの天井に直撃させる一打を放った。DeNAとの練習試合(特別ルール)で「4番・三塁」で先発出場。4回の第2打席で打球を遊撃上空の天井に直撃させたが、結果は三飛だった。

巨人・岡本和真【写真:荒川祐史】
巨人・岡本和真【写真:荒川祐史】

岡本は今永のカットボールを強振→天井直撃→三飛

 巨人の岡本和真内野手が21日、東京ドームの天井に直撃させる一打を放った。DeNAとの練習試合(特別ルール)で「4番・三塁」で先発出場。4回の第2打席で打球を遊撃上空の天井に直撃させたが、結果は三飛だった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 4回2死。今永の内角カットボールをフルスイングした打球は左翼方向へ。左翼・佐野が落下点に入ろうとしていたが、天井へ向かってグングンと伸びていった打球は天井に直撃した。三塁・宮崎が落下点の変わった打球に反応してキャッチしたものの、DeNA内野陣は顔を見合わせて驚いていた。

 岡本は顔色一つ変えずにベンチへ戻ったが、攻守交代後もDeNAベンチは天井を指差すなど騒然としていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」