野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー氏の色褪せない功績の数々 引退から1年、MLB公式が名場面TOP10を紹介

イチロー氏の色褪せない功績の数々 引退から1年、MLB公式が名場面TOP10を紹介

3月21日はイチロー氏の引退からちょうど1年。日本プロ野球、メジャーで輝かしい成績を残したレジェンドを称えMLB公式サイトは名場面TOP10を紹介している。

現在はマリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターを務めているイチロー氏【写真:Getty Images】
現在はマリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターを務めているイチロー氏【写真:Getty Images】

レーザービーム、3000本安打、ヤンキースへの衝撃トレード、伝説のサヨナラアーチ

 3月21日はイチロー氏の引退からちょうど1年。日本プロ野球、メジャーで輝かしい成績を残したレジェンドを称えMLB公式サイトは名場面TOP10を紹介している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 走攻守でメジャーリーグに衝撃を与えたイチロー氏。MLB公式は「最終試合から1年後に、イチローの最高(の瞬間)を思い出す」と題し、レジェンドが残した功績を特集。厳選された10個の名場面を振り返っていく。

○3000本安打

 マーリンズ時代の2016年8月7日、ロッキーズ戦。第4打席でクリス・ラシンから三塁打を放ちMLB史上30人目となる3000本安打を達成。ナインから祝福されベンチに戻ったイチロー、サングラスから流れた涙が印象的だった。

○どいてくれるかい、ジョージ・シスラー

 マリナーズ時代の2004年。イチローはメジャー史上最多安打となる262安打を達成した。1920年にシスラーが放った257安打の記録を塗り替え“不滅の記録”として語り継がれている。この年、イチローは704打数262安打、打率.372、8本塁打、60打点、36盗塁をマークした。

○イチローの強肩へようこそ

 代名詞ともいえる「レーザービーム」は2001年から2010年までの10年間でゴールドグラブ賞を獲得するにあたって、大きな武器の一つだった。2001年4月11日のアスレチックス戦の8回。1死一塁でライト前への打球を捕球すると、三塁へノーバウンドでストライク送球しアウトを奪った名場面は今も尚、語り継がれている。

○オールスターの瞬間

 メジャーデビューの2001年から10年連続でオールスターに出場。ア・リーグのリードオフマンとして活躍しイチローが出場した10年間は8勝1敗、1分け。2007年には史上初となるランニングホームランをマークしMVPに輝いている。

○サヨナラ安打

 レギュラーシーズンでの最高の1本を考える中、記事では2009年9月18日のヤンキース戦に焦点を当てている。1点を追う9回2死からMLB最強クローザー・リベラの初球を捉えた打球は高々と舞い上がり右翼席へ飛び込む劇的な逆転サヨナラ2ランだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」