野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 大谷翔平、NPB時代の“グラブパーン”姿が「かっこいい」 パTVがマニアック特集を回顧

大谷翔平、NPB時代の“グラブパーン”姿が「かっこいい」 パTVがマニアック特集を回顧

プロ野球は本来であれば開幕カード3連戦が終わっている予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となり無観客での練習試合が行われている。球場観戦を心待ちにするファンの心を少しでも満たすような映像を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが「厳選動画ベスト100」と名付け続々と公開。今回紹介するのは二刀流で席巻した大谷翔平投手の日本ハム時代の気持ちの良い奪三振動画の特集だ。

日本ハム時代の大谷翔平【写真:田口有史】
日本ハム時代の大谷翔平【写真:田口有史】

満足気な表情を浮かべながらの“グラブパーン”をパTVが特集

 プロ野球は本来であれば開幕カード3連戦が終わっている予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となり無観客での練習試合が行われている。球場観戦を心待ちにするファンの心を少しでも満たすような映像を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが「厳選動画ベスト100」と名付け続々と公開。今回紹介するのは二刀流で席巻した大谷翔平投手の日本ハム時代の気持ちの良い奪三振動画の特集だ。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

「納得のいく投球の証。至極の“グラブパーン”集」と題された動画には2015年当時、日本ハムに在籍していた大谷が渾身の空振りを奪った瞬間に見せるグラブを「パーン」と叩く仕草に着目している。

 動画ではあらゆる種類のグラブ叩きの映像が詰め込まれている。投球に満足したような表情を浮かべながらグラブを叩く姿は、納得したように優しく叩く姿や、吠えながら豪快に叩く姿、マウンドを降りながらなど様々なバリエーションが見られる。

 中でも印象的なのは特集の最後を締めくくる1コマ。当時ロッテに所属していたアルフレド・デスパイネ外野手(現ソフトバンク)から159キロの渾身の1球で奪った見逃し三振後に見せた“グラブパーン”にはファンから「最後の球何回でも見れる」などのコメントが付いた。

「さすが、漫画の主人公は違うなぁ」

「大谷はいつ見てもかっこいいな」

「この人サイクルヒット達成した事あるらしいよ……」

「マジで見てて気持ちいい! メジャーでの復帰登板楽しみすぎる!」

 今季はメジャーで2年ぶりの投手復帰が期待される二刀流右腕の活躍に期待を寄せるコメントなど、多数の驚きの声が寄せられている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」