野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“太く短く”輝いた名選手たち 与田、伊藤智、斉藤和らが残した功績を振り返る

プロ野球界で現役最長記録を誇るのは元中日の山本昌氏。50歳までマウンドに立ち続け通算219勝(165敗)の成績を残し2015年に現役を引退した。プロ入りするルーキーたちは「40歳まで現役」という言葉をよく掲げ、長く活躍する選手を目指している。

楽天・伊藤智仁コーチ(左)と中日・与田監督【写真:荒川祐史】
楽天・伊藤智仁コーチ(左)と中日・与田監督【写真:荒川祐史】

与田剛はルーキーイヤーに最優秀救援投手と新人王を獲得

 プロ野球界で現役最長記録を誇るのは元中日の山本昌氏。50歳までマウンドに立ち続け通算219勝(165敗)の成績を残し2015年に現役を引退した。プロ入りするルーキーたちは「40歳まで現役」という言葉をよく掲げ、長く活躍する選手を目指している。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ここでは活躍期間はわずかだったが、今でも野球ファンたちの脳裏に残る“太く短く”強烈なインパクトを残した選手たちを振り返っていく。

○与田剛 投手 中日・ロッテ・日本ハム・阪神 通算148試合、8勝19敗、59セーブ、防御率4.58

 1989年のドラフトで中日から1位指名を受け入団。最速157キロの伸びのある直球を武器にルーキーイヤーの1990年は50試合に登板し4勝5敗、31セーブ、防御率3.26をマークし最優秀救援投手と新人王を獲得。球界を代表する守護神として期待がかかったが、その後は成績が低迷し1996年シーズン途中にロッテにトレード移籍、その後も日本ハム、阪神と渡り歩き2000年に現役を引退した。

○伊藤智仁 投手 ヤクルト 通算127試合、37勝27敗、25セーブ、防御率2.31

 1992年のドラフトでヤクルトから1位指名を受け入団。150キロの直球と高速スライダーを武器にルーキーイヤーの1993年に14試合に登板し7勝2敗、防御率0.91の成績を残す。肩の故障で7月から登板がなかったがその年に新人王を獲得。1996年に怪我から復帰し97年には7勝2敗19セーブでカムバック賞を獲得したが、その後は再び右肩に悩まされ2003年に現役を引退した。

○斉藤和巳 投手 ダイエー、ソフトバンク 通算150試合、79勝23敗、防御率3.33

 1995年のドラフトでダイエーから1位指名を受け入団。1997年に1軍デビューを果たすも98年に右肩を手術。2003年には26試合に登板し20勝3敗、防御率2.83と驚異的な成績を残し最多勝、最優秀防御率、最高勝率、ベストナイン、沢村賞と“投手5冠”を達成。その後は2005年に16勝、06年に18勝で2度目の沢村賞に輝き大黒柱として活躍したが08年に右肩手術を行い2012年に現役を引退した。

○近藤真一 投手 中日 通算52試合、12勝17敗、防御率3.90

 享栄高から1986年ドラフト1位で入団。ルーキーイヤーの1987年8月9日、ナゴヤ球場で行われた巨人戦でプロ初登板し、13三振を奪ってノーヒットノーランを達成した。この8月に3勝を挙げて月間MVPを獲得するなど計4勝をマークした。翌1988年は8勝を挙げてリーグ優勝に貢献した。しかし、左肩を痛めて翌1989年に手術、91年には左肘のトミー・ジョン手術を行うなど故障に悩まされ、93年に現役引退した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」