野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ドラフト直後の“採点”は当たった? 藤浪、大谷、菅野ら豊作イヤーの2012年を検証

今季も数多くのルーキーたちがプロの世界に飛び込んできた。ただ、ルーキーたちは誰しもが入団して即、活躍するわけではない。身体作りに励み、3年、5年が経ってからようやく花開く選手たちも多くいる。ドラフトの真の成果は、ある程度の年数が経ってから分かるものだ。

阪神・藤浪晋太郎と日本ハム時代の大谷翔平【写真:荒川祐史、石川加奈子】
阪神・藤浪晋太郎と日本ハム時代の大谷翔平【写真:荒川祐史、石川加奈子】

大絶賛された阪神のドラフトだが、藤浪以外は主力になれず…

 今季も数多くのルーキーたちがプロの世界に飛び込んできた。ただ、ルーキーたちは誰しもが入団して即、活躍するわけではない。身体作りに励み、3年、5年が経ってからようやく花開く選手たちも多くいる。ドラフトの真の成果は、ある程度の年数が経ってから分かるものだ。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 では、かつてのドラフト会議で指名された選手たちは、一体どうなったのか? 当時のドラフト直後の12球団の指名評価を振り返り、現在、その年々の指名選手たちがどうなったのか、検証してみよう。

 今から8年前の2012年ドラフトで目玉となったのは東浜巨、前年に日本ハムの指名を拒否した菅野智之、高校生では大谷翔平、藤浪晋太郎、森雄大ら。この年は逸材揃いと評判のドラフトであった。

 1巡目指名では藤浪に4球団、東浜に3球団、森に2球団が競合。さらに外れ1位で松永昂大、増田達至に2球団ずつが競合した。藤浪は阪神、東浜はソフトバンク、森は楽天、松永はロッテ、増田は西武が交渉権を獲得。菅野は予想通りに巨人が単独指名。中日は福谷、そして日本ハムは宣言通りに大谷を強行指名した。

 この年、ドラフト直後の評価がすこぶる高かったのが阪神、ソフトバンク、日本ハム、巨人だった。いずれも、目玉だった藤浪、東浜、大谷、菅野の指名に成功した4球団。では、ドラフト全体としての成果はどうだっただろう。

 阪神は藤浪が1年目から3年連続2桁勝利をマークし、その評判に違わぬ活躍を見せた。近年は制球難から苦しんでいるものの、そのポテンシャルは高い。ただ、2位以下は、当時の期待値ほど奮わない。北條もレギュラー目前まで行きながら伸び悩み、3位以下の面々も目立った結果は残せなかった。

 ソフトバンクは即戦力として期待された東浜がなかなか結果を出せずにいた。ただ、3年目に9勝をあげてキッカケを掴むと、2017年には最多勝。3位の高田も1軍の戦力になっている。日本ハムはとにかく大谷のインパクトが大きい。強行指名の末に、熱心な入団交渉で口説き落として入団に漕ぎ着けると「二刀流」として大活躍。今では日本だけでなくMLBでも名を知られる存在となった。現在、巨人に在籍する鍵谷も中継ぎとして2016年の日本一に貢献した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」