野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • レッズ選手会長、開幕遅れ選手たちの“本音”を代弁 「多くプレーしたい」「稼ぎたい」

レッズ選手会長、開幕遅れ選手たちの“本音”を代弁 「多くプレーしたい」「稼ぎたい」

新型コロナウイルスの感染拡大により開幕延期となったメジャーリーグ。7月の開幕案、162試合を消化できない可能性も出てきたが選手たちは「なるべく多くの試合をプレーしたい。できるだけ稼ぎたい」と語っている。AP通信が伝えている。

レッズの選手会長を務めるタッカー・バーンハート【写真:Getty Images】
レッズの選手会長を務めるタッカー・バーンハート【写真:Getty Images】

日程短縮となれば「怪我のリスクがある」と懸念も…

 新型コロナウイルスの感染拡大により開幕延期となったメジャーリーグ。7月の開幕案、162試合を消化できない可能性も出てきたが選手たちは「なるべく多くの試合をプレーしたい。できるだけ稼ぎたい」と語っている。AP通信が伝えている。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 2020年シーズンは開幕が延期となり、7イニング制、Wヘッダーなど短期間で試合を消化する様々な新ルール案が挙がっている。選手たちも未だ先の見えぬ現状に不安を抱えているようで、レッズの選手会長を務めるタッカー・バーンハート捕手は「選手の安全面は重要なこと。多くの試合を詰め込むことには怪我のリスクがある。選手たちを守らなければならない」と懸念を口にした。

 過密日程での試合は怪我のリスクもあるが、個人事業主でもある選手たちは給料面にも不安が付きまとう。バーンハートは「言うまでもなく、選手として、僕たちはなるべく多くの試合をプレーしたい。プレーするのが好きというだけじゃなく、できるだけ稼ぎたいからでもある。それが本音だよ。オーナーたちもそうだろう。皆、稼ぎたいんだよ」と、苦しい胸の内を明かしていた。

(Full-Count編集部=AP)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」