野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 開幕が待ち遠しい… 松坂、藤浪ら今季の復活を期す12球団の実績者たち

開幕が待ち遠しい… 松坂、藤浪ら今季の復活を期す12球団の実績者たち

新型コロナウイルスの感染拡大により、開幕が無期限延期となった日本のプロ野球。先の見えない状況に陥り、ファンももどかしい日々を送っていることだろう。NPBは4月下旬から5月上旬にかけて、新たな開幕日を決めたい意向でいるが、順調に事が進んだとしても開幕は5月下旬以降になると見込まれている。

阪神・藤浪晋太郎(左)と西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】
阪神・藤浪晋太郎(左)と西武・松坂大輔【写真:荒川祐史】

巨人中島はオープン戦で打率.351と結果を残し復活を期待させる

 新型コロナウイルスの感染拡大により、開幕が無期限延期となった日本のプロ野球。先の見えない状況に陥り、ファンももどかしい日々を送っていることだろう。NPBは4月下旬から5月上旬にかけて、新たな開幕日を決めたい意向でいるが、順調に事が進んだとしても開幕は5月下旬以降になると見込まれている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 なかなか開幕が見通せず、選手たちも難しい状況を強いられている2020年のシーズン。近年、苦戦を強いられていたり、怪我に泣かされてきて、今季に復活をかける選手たちもいる。そこで、ここでは、今季の復活を期待したい選手を各球団、1人ずつピックアップしてみよう。

○巨人 中島宏之内野手
 2015年にオリックスに入団し日本球界に復帰したが、その後はなかなか思うような結果を残せていない中島。巨人へと移籍した2019年も43試合出場止まりに終わった。移籍2年目はオープン戦では打率.351、4本塁打と結果を残した。

○DeNA 梶谷隆幸外野手
 2014年に盗塁王に輝くなどDeNAの中心選手だったが、近年は故障に泣かされ、2018年、2019年と2年続けて41試合出場止まりに終わった。ただ、オープン戦では打率.304と好調。ファンの人気も高く、復活を期待したい1人だ。

○阪神 藤浪晋太郎投手
 プロ入りから3年連続で2桁勝利を挙げて阪神のエースとなりつつあった藤浪。だが、制球難の悪癖からここ3年間は苦しんできた。新型コロナウイルスへの感染で世を騒がすことになったが、阪神ファンとしては最も復活を期待したい選手だろう。

○広島 中崎翔太投手
 守護神として2016年からのリーグ3連覇を支えてきた中崎。だが、昨季は不振に陥り、36試合の登板止まり、防御率も4.08と苦しい結果に終わった。チームに欠かせない投手でもあり、再び守護神として復活してもらいたい。

○中日 山井大介投手
 今季で42歳となる球界最年長投手。昨季は13試合に先発したが、3勝止まりに終わった。先日、2007年の日本シリーズの完全試合リレーが再放送され、再び脚光を浴びることに。大ベテランとなった右腕にはもうひと花咲かせてもらいたい。

○ヤクルト 嶋基宏捕手
 2007年から13年間在籍した楽天を退団し、ヤクルトに移籍したベテラン捕手。昨季は57試合出場止まりに終わったが、新天地で再び輝けるか。練習試合で死球を受けて右手親指付近を骨折して離脱となったが、復活して輝く姿を見たいものだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」