巨人岩隈の“打撃投手”映像を球団SNSが公開 「打者に投げる感覚つかめた」

巨人・岩隈久志【写真:荒川祐史】
巨人・岩隈久志【写真:荒川祐史】

背番号21のユニホームを着用し、加藤脩と黒田に対してピッチング

 巨人・岩隈久志投手が14日、ジャイアンツ球場での打撃投手を務めた。巨人の公式ツイッターが“登板”した様子を公開している。加藤脩平外野手と、黒田響生内野手に対して、投球した。

 岩隈は背番号21のユニホームを着て、G球場の室内練習場でピッチングを披露している。2017年の9月に右肩の手術。昨年8月21日のイースタン・リーグの日本ハム戦で約1年ぶりの実戦復帰を果たしたが、1軍の登板はなかった。

 ツイッター上では「打者に投げる感覚がつかめた」と岩隈の投球後のコメントも紹介している。1軍登板に向けて、少しずつ状態を上げている様子がうかがえる。一日でも早く1軍のマウンドで投げる日が来ることをファンは期待している。

【動画】しなやかなフォーム健在! 背番号21のユニホームで投球する打撃投手を務めた岩隈の実際の映像

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY