野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

1年前の大リーグで何があった? ダルビッシュが“3人KO”159キロ死球の珍投球

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が無期限延期となっているプロ野球。本来であれば、ペナントレースが始まり、各地で熱戦が繰り広げられているところ。ファンももどかしい思いをしていることだろう。

カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
カブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

1年前の大リーグで珍プレー! ダルビッシュが打者、審判、女房役もKO?

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が無期限延期となっているプロ野球。本来であれば、ペナントレースが始まり、各地で熱戦が繰り広げられているところ。ファンももどかしい思いをしていることだろう。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 大リーグも新型コロナウイルスの影響で大幅に延期に。こんな時は過去の名場面や珍プレーを振り返り、少しでも“野球ロス”を埋めてみてはいかがだろうか? そこでこれまでの“今日”にあったスーパープレーや珍場面をピックアップしてみよう。

 ちょうど1年前の4月15日(日本時間16日)。カブスのダルビッシュ有投手は敵地マーリンズ戦で5回2/3を投げ、4安打2失点で19年初勝利を挙げた。しかし、降板直前の最後の一投は、日米球界でもなかなかお目にかかれない珍プレーが起きた。

 99マイル(約159キロ)の剛速球は打者ブリンソンの太もも付近に直撃する死球となっただけでなく、跳ね返って球審オノラの胸元、女房役のコントレラスの背中にも当たった。米全国紙「USAトゥデイ」が「ユウ・ダルビッシュが99マイルのファストボールで3人をノックダウン」と報じるなど、米メディアやSNS上で大きな話題に。ダルビッシュは自身のインスタグラムで、「My bad(悪いのは自分)」と号泣の絵文字とともに謝罪していた。

 ダルビッシュは昨季31試合登板し、6勝8敗、防御率3.98。成績こそ伸びなかったものの、後半戦で圧倒的な投球を見せ、スプリングトレーニングでは2試合登板し、防御率3.60。計5イニングで7三振を奪い、開幕投手の有力候補に挙がっていた。開幕後は圧倒的な投球を期待したいところだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」