野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • プロ野球
  • パ・リーグ
  • 【球界名場面】ダル伝説の“3人KO死球”が日本でも? 「これが本当のトリプルプレー」

【球界名場面】ダル伝説の“3人KO死球”が日本でも? 「これが本当のトリプルプレー」

新型コロナウイルスの感染拡大でいまだ開幕の見通しが立たないプロ野球。選手、ファンにとってはもどかしい時間が流れているが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り、気分を晴らしてみてはいかがだろう。ここではわずか1球で3人が負傷したまさかの珍プレーを紹介する。

ペーニャへの死球は思わぬ"事故"に…【画像:パーソル パ・リーグTV】
ペーニャへの死球は思わぬ"事故"に…【画像:パーソル パ・リーグTV】

スタンリッジ投げたボールが打者、捕手、審判にまで…

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、いまだ開幕の見通しが立たないプロ野球。選手、ファンにとってはもどかしい時間が流れているが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り、気分を晴らしてみてはいかがだろう。ここではわずか1球で3人が負傷したまさかの珍プレーを紹介する。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 2015年5月10日、ソフトバンク対楽天戦での一幕。ソフトバンク・スタンリッジの投球が打者ペーニャの太ももを直撃、そのまま跳ね返り捕手・鶴岡の手首に、さらには球審をも巻き込んでの3重の“玉突き事故”に発展した。

 一番最初に直撃を受けたはずのペーニャは悠々とバットを置き一塁へ進んだが、鶴岡と球審は悶絶。まさに“一石三鳥”の非常に珍しいプレーとなった。

 2019年にはカブスのダルビッシュ有投手が敵地マーリンズ戦で99マイル(約159キロ)の剛球がブリンソンの股間をかすめて、オノラ球審の胸元を直撃。さらに女房役のコントラレスをも直撃する“3死球”が話題となっていた。

 3人をKOした死球にファンも「これが本当のトリプルプレイ」、「ドッヂボールなら確実にヒーロー」、「これはさすがに笑いました」というコメントのほか「ダルビッシュの3人命中を見て、こちらも見たくなった」と盛り上がっていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」