野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オールドルーキーが中日の定位置奪えた理由 “マスター”阿部を作った「ガッツ塾」

その表情からは、生気が失われていた。2016年2月、沖縄・北谷球場での中日1軍キャンプ。ドラフト5位ルーキーだった阿部寿樹内野手は、心の中で叫んでいた。「何なんや、ここは!」。12球団でも指折りだった練習量。想像を絶する環境についていけず、新人1号の脱落者として2軍行きが告げられた。飛び込んだプロの世界は、前途多難な幕開けだった。

今季はプロ5年目で31歳「毎年勝負の年。危機感を感じながらやれています」

 教え子のブレークを見届け、ガッツは竜を去った。オフの日に訪れたナゴヤ球場で別れの対面をした阿部は、感謝の言葉とともに頭を下げた。少年時代にテレビで見ていたスーパースターが、汗まみれになって助言をくれた日々。「本当に親身になって教えていただいた。もちろん、いろんな方々の助言があったからですが、今こうして1軍にいられるのは小笠原さんの存在が大きいです」と思いは尽きない。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 真価が問われる2020年。「ダメだったらしゃーないと思っていた去年よりは、気持ち的には嫌ですね。気にしないようにはしていますが、周りから言われるので」。レギュラーだとは微塵も思っていないが、首脳陣が頭数として計算しているのは分かっている。新型コロナウイルス感染拡大の深刻化でシーズン開幕はまだ見通せないが、来るべき日に堂々と二塁に立つ準備は惜しんではいない。

 4年前のルーキーイヤーを振り返り、思わず苦笑する。「気持ち的にいっぱいいっぱいで、野球をやっていた記憶がほとんどないんですよ」。そんな劣等生は、すっかり別人になった。まだプロ5年目だが、31歳を迎えるシーズン。「毎年、勝負の年だと思ってやってきたのがよかったんだと思います。危機感を感じながらやれています」。背筋を正す言葉を胸に刻みつつ、髭面の表情に自信を宿していく。

(小西亮 / Ryo Konishi)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」