野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • レッドソックス社長、サイン盗み謝罪も「ほとんどの選手は気付いてもいなかった」

レッドソックス社長、サイン盗み謝罪も「ほとんどの選手は気付いてもいなかった」

大リーグ機構(MLB)は22日(日本時間23日)、レッドソックスのサイン盗み疑惑の調査結果を公表し、ワールドシリーズを制覇した2018年のレギュラーシーズンで映像機器を使用してサイン盗みをしていたと断定した。これを受け、レッドソックスのサム・ケネディ球団社長は球団公式ツイッターで声明を発表した。

レッドソックスのサム・ケネディ球団社長【写真:Getty Images】
レッドソックスのサム・ケネディ球団社長【写真:Getty Images】

サム・ケネディ球団社長が声明発表「コーラ監督、コーチ、ほとんどの選手は気付いてもいなかった」

 大リーグ機構(MLB)は22日(日本時間23日)、レッドソックスのサイン盗み疑惑の調査結果を公表し、ワールドシリーズを制覇した2018年のレギュラーシーズンで映像機器を使用してサイン盗みをしていたと断定した。これを受け、レッドソックスのサム・ケネディ球団社長は球団公式ツイッターで声明を発表した。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「球団として、我々は100%、ルールに従うように努力をしています。MLBの調査結果として、2018年のレギュラーシーズン中に孤立した事例として、ライブの試合映像を不正に使用してサインが解読されたということが報告されました。MLBは球団のフロントがルールを理解し、それに従おうとする努力を認めてくれています」

「また、アレックス・コーラ、コーチングスタッフ、ほとんどの選手達は、その不正に携わっていなかったか、気が付いてもいなかったということです。しかし、そうであっても、ルールを違反してしまったことは、許されることではありません。我々はファン、メジャーリーグベースボールに心からお詫びして、コミッショナーの決定を受け入れます」

 MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏は18年シーズンにレッドソックスでプレーした34選手を含む65人を調査。電子メール、テキストメッセージ、ビデオクリップ、写真など徹底的に調査したという。調査によると、ビデオ映像ルームでサインを分析。それを二塁走者に伝え、走者から打者に伝えていた。球種に応じてゴミ箱を叩くなどして打者に伝達した17年のアストロズほどのものではなかったという。18年のポストシーズンと19年のレギュラーシーズンではサイン盗みは確認できなかったとしている。

 MLBはサイン盗みの“犯人”は球団フロントや首脳陣ではなく、ビデオ再生システムの担当者とした。主導的な役割をした映像担当者JT・ワトキンス氏の今季の給与なしの職務停止と来季の映像担当業務の禁止、今年のドラフト2巡目の指名権を剥奪すると発表した。ワトキンス氏は不正を強く否定している。マンフレッド氏によると、レッドソックス選手の処分対象であっても、誰も罪を問われなかっただろうとしている。

 また、18、19年レッドソックス監督だったアレックス・コーラ氏は今季出場停止となった。サイン盗みと断定された17年のアストロズのベンチコーチ時代の処分で、レッドソックス監督としての処分はなかった。コーラ氏はすでに1月にレッドソックス監督を退任している。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」