野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神・藤川、史上2人目の「800登板&250S」なるか? 試合数減で影響受ける投手記録

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となっている日本のプロ野球。交流戦の中止が決まり、予定されていた143試合から、最大でも125試合に試合数が減ることになった。今後の状況次第では更なる試合数減もあり得るかもしれないだろう。

ソフトバンク・千賀滉大、阪神・藤川球児、楽天・涌井秀章(左から)【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・千賀滉大、阪神・藤川球児、楽天・涌井秀章(左から)【写真:荒川祐史】

通算100勝に巨人・菅野が残り13勝、阪神・西が残り16勝と迫るが…

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が延期となっている日本のプロ野球。交流戦の中止が決まり、予定されていた143試合から、最大でも125試合に試合数が減ることになった。今後の状況次第では更なる試合数減もあり得るかもしれないだろう。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 試合数の減少によっては様々な影響が生じることになるだろうが、その1つが選手たちの通算成績だ。今季中の達成が見込まれる節目の記録は数多くあるが、試合数の減少により、それが難しくなりそうなものもある。そこでここでは今季中の達成が見込まれる節目の記録をピックアップ。試合数の減少により、達成に影響が出そうな記録に注目してみる。今回は投手編だ。

・800試合登板
藤川球児(阪神)残り34試合
・700試合登板
宮西尚生(日本ハム)残り16試合
・500試合登板
石川雅規(ヤクルト)残り28試合
益田直也(ロッテ)残り28試合

 阪神のベテラン藤川は史上7人しか達成していない通算800試合に残り34試合に迫っている。昨季は56試合に登板しており、143試合であれば、達成は確実な状況だった。125試合となっても、例年の登板ペースであれば45試合前後は登板が見込まれるが、さらに試合数が減った場合は影響が出てくるかもしれない。日本ハム宮西は、史上16人しか達成していない700試合に残り16試合。こちらは影響なく達成可能だろう。

・150勝
涌井秀章(楽天)残り17勝
・100勝
吉見一起(中日)残り11勝
菅野智之(巨人)残り13勝
西勇輝(阪神)残り16勝
則本昂大(楽天)残り20勝

 150勝、100勝と節目の勝利に迫る投手は5人。楽天に移籍した涌井は150勝に残り17勝としているが、今季中の達成は厳しいか。巨人の菅野、阪神の西がそれぞれ100勝に残り13勝、16勝と迫る。試合数が125試合に減ると、先発機会が3試合ほど減るだけに、達成は微妙なラインになるだろうか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」