野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元Gマック氏がツインズ史上最高の左翼手に選出 MLB公式「過小評価されてきた」

元Gマック氏がツインズ史上最高の左翼手に選出 MLB公式「過小評価されてきた」

MLB公式サイトは各球団のポジション別トップ5を特集。ツインズの左翼部門では巨人でも活躍したシェーン・マック氏が堂々の1位に選出された。

ツインズ時代のシェーン・マック氏【写真:Getty Images】
ツインズ時代のシェーン・マック氏【写真:Getty Images】

1995年から2年間巨人に在籍したシェーン・マック氏、ツインズの史上最高左翼手に選出

 MLB公式サイトは各球団のポジション別トップ5を特集。ツインズの左翼部門では巨人でも活躍したシェーン・マック氏が堂々の1位に選出された。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 当時、バリバリのメジャーリーガーとして活躍していたマック氏は1995年1月に2年総額8億円(推定)の超大型契約で巨人に入団。在籍は2年間だったがNPB通算247試合に出場し打率.284、42本塁打、127打点、24盗塁と活躍した。

 ツインズには5年間在籍し打率.309、67本塁打、71盗塁、出塁率.375など好成績を残しており、記事では「彼のwRC+132という数字は、球団の主要な左翼手として歴史の中で最も高いものだ。ツインズには、左翼手の明らかなスターがいない。そのために過小評価されてきたマックが1位に選ばれた」と説明。

 特出すべき点としては「91年のワールドシリーズで優勝した時には、クリーンナップの中心として活躍したことだ」と挙げている。ベストシーズンは1992年を選んでおり、この年は156試合に出場し打率.315、16本塁打、75打点、26盗塁、出塁率.381をマークしていた。

○以下はMLB公式が選んだツインズ史上最高の左翼手トップ5

1位 シェーン・マック
2位 ラリー・ハイズル
3位 ジャック・ジョーンズ
4位 エディ・ロザリオ
5位 マーティ・コードバ

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」