【始球式名場面】美女3連投!? 欅坂46トリオ登板、最後は見事ノーバウンド投球

始球式に登場した欅坂46のメンバーたち【画像:パーソル パ・リーグTV】
始球式に登場した欅坂46のメンバーたち【画像:パーソル パ・リーグTV】

「欅坂46」のメンバー小林さん、元メンバーの今泉さんと長濱さんが登場

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開幕の無期限延期が決まったプロ野球。選手、ファンにとってはもどかしい時間が流れているが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り、少しばかり気を晴らしてみてはいかがだろう。ここでは「パーソル パ・リーグTV」上で公開中の、過去に数々の有名人が登場した始球式を紹介していく。これを見て、少しでもファンの方々が心を癒していただければ幸いだ。

 2018年3月30日、ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ対楽天戦で始球式のマウンドに上がったのは人気アイドルグループ「欅坂46」のメンバーである小林由依さん、当時メンバーだった今泉佑唯さん、長濱ねるさんの3人だった。2018年シーズンの開幕戦だったこの試合。ロッテ製品のキャンペーンで活躍していた3人に大役が託された。

 それぞれ背番号「46」のロッテのユニホーム、白のハーフパンツ姿で登場した3人。この日の始球式は誰か1人が投げるのではなく、前代未聞の“3連続始球式”。今泉さん、小林さん、長濱さんが立て続けにマウンドに上がった。

 まずは先陣を切ったのは今泉さん。セットポジションからの投球は打席に入った茂木の足下へと落ちる投球に。2番手は小林さん。こちらはやや三塁側に逸れるツーバウンド投球になった。最後は長濱さん。大トリらしく豪快にノーバウンド投球を決め、場内は大きなどよめきに包まれた。

 人気アイドルの始球式はままあることだが、3人連続の始球式は珍しいもの。日本を代表するアイドルグループの美女たちの投球にファンも魅了されていた。

【動画】「欅坂46」のメンバー小林由依さん、当時メンバーだった今泉佑唯さん、長濱ねるさんの3連続始球式 最後は見事なノーバウンド投球!

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY