西武松坂が“球児救済案” 「高野連が許可した上で各学校から送られた動画をのせる」

森友哉「かける言葉が見つからない」

〇山川穂高内野手
「高校球児の皆さんの晴れの舞台が開催されないこと、とても残念に思います。でも忘れないでほしいのは、ここまでやってきた努力や練習量、仲間と過ごした時間です。そして、その成果として、きっと打球が遠くに飛ぶようになったり、速い球を投げられるようになったんじゃないかな?この高校時代で成長できたところを、これからもっともっと伸ばして夢を広げてほしいと思います。きっと、高校球児の皆さんは「甲子園を目指すために必要な努力」を達成していると思います。甲子園が開催されないことは決まってしまいましたが、自信を持って、これからの人生に大きく生かしてほしいと思います。僕も皆さんのことを応援しています」

〇森友哉捕手
「残念です。春が中止になって夏に向けて頑張ろう、といった矢先に、夏も中止となりモチベーションがなくなってしまうでしょうし、かける言葉が見つからないですね。その先を目指している選手については、甲子園だけがゴールではないと思うので、今すぐ切り替えるのは難しいと思いますが、徐々にその先の野球人生を考えて頑張って欲しいと思います。僕は甲子園で優勝することだけを考えてチーム全体でやってきましたし、キツイ練習もたくさんありましたが、そのために頑張ってこれたので、甲子園出場が決まったときの喜びは大きかったですし、僕たちはそこで優勝できたからこそ、今の自分があると思っています。特に高校3年生の皆さんには、この先野球をする、しないは関係なく、次の舞台に進んでいくための準備をしてもらえればと思います」

〇金子侑司外野手
「夏の甲子園が中止と聞いて、僕も寂しいですね…。僕自身、甲子園を目指してやっていましたし、今でも憧れの舞台です。でも、その舞台を目指して来た球児の皆さんが今日までに得られたものも大きいと思います。きっと素晴らしい技術だったり、強いメンタルが身についているはずです。大学でもプロでも何か「一芸」があれば、それはとても大きな武器です。皆さんにはそれをかけがえのない「財産」だと思って、新たなる目標に向かって走ってほしいですね!」

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY