ディマジオ、高橋慶彦、イチロー… MLBとNPBの連続試合安打記録は?

  • MLB
  • 2020.05.27
現在はマリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏【写真:Getty Images】
現在はマリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏【写真:Getty Images】

大リーグではヤンキースのジョー・ディマジオが1978年に44試合連続安打を記録した

「ヒッティングストリーク」は連続試合安打と訳される。プロ野球の公式戦で、安打を途切れさせることなく打ち続けた試合数のことを言う。

 大リーグではヤンキースのジョー・ディマジオが「56試合連続安打」を記録している。2位が1896-1897年のウィリー・キーラーの44試合連続(45試合との説もあり)、20世紀以降に限ればピート・ローズが1978年に44試合連続安打を打ったのが最高。40試合以上の連続試合安打はこれらも含めて6例しか記録されていない。ディマジオの記録はMLB史上に残るアンタッチャブルな記録の1つだ。

 この記録は1941年5月15日のシカゴ・ホワイトソックス戦から始まって、7月16日のインディアンズ戦まで77日間に渡って続いた。この間、7月8日にはオールスター戦があったが、ディマジオはこの試合でも二塁打を放っているが、これは連続試合安打には含まれない。

 この間のディマジオの打撃成績は、223打数91安打16二塁打4三塁打15本塁打、打率.408だった。ディマジオの連続試合安打は、7月17日のインディアンズ戦で3打数0安打に終わったことで途切れたが、翌7月18日のインディアンズ戦からさらに16試合連続安打を記録。17日の試合で1安打でも打っていたら、記録は73試合まで伸びていたことになる。

 この年はディマジオの「56試合連続安打」に加え、レッドソックスのテッド・ウィリアムスが「MLB史上最後の4割」である打率.406を記録。この記録もアンタッチャブルとなっている。記録の当たり年だった。

 実はテッド・ウィリアムスは、ディマジオがヒッティングストリークを開始した5月15日から、同じように毎試合安打を打ち、6月7日まで23試合連続安打を記録している。ライバル同士が切磋琢磨したことで、記録が伸びたという一面もあるだろう。

連続試合安打の日本記録は広島・高橋慶彦が記録した33試合連続安打

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY