野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

変化球はいつ誕生した? サイ・ヤング、沢村栄治、杉下茂ら“魔球”の歴史

野球で投手が重要なポジションになったのは、投手の上手投げが認められた1884年頃からだ。しかしそれ以前から、変化球を投げる投手がいた。変化球の歴史は予想以上に古いのだ。

1890年から1911年までプレーしたサイ・ヤング氏【写真:Getty Images】
1890年から1911年までプレーしたサイ・ヤング氏【写真:Getty Images】

1870年代に活躍したキャンディ・カミングスがカーブの考案者とされている

 野球で投手が重要なポジションになったのは、投手の上手投げが認められた1884年頃からだ。しかしそれ以前から、変化球を投げる投手がいた。変化球の歴史は予想以上に古いのだ。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 1884年までの投手は、下手から打者が打ちやすい球を投げていた。また打者は「高め」「低め」などコースを投手に要求することができた。しかし、そんな中でも相手の打者を打ち取るためにいろいろ工夫をする投手がいた。1872年にナショナル・アソシエーションのニューヨーク・ミューチュアルズに入団したキャンディ・カミングスは、史上初めてカーブを投げたといわれる。この球は有効だったようで、カミングスは6シーズンで145勝を挙げ、殿堂入りしている。カーブは野球史上最初の変化球だったといえよう。

 その後、カミングスに倣ってカーブを投げる投手が増えている。当時の大選手で、のちにスポーツ用具メーカーの創業者になるAGスポルディングは、自身がカーブを投げることができず、打者としても打てなかったので引退したと言われている。

 上手投げが認められてから投手の役割は大きく変わった。投手は打者を三振や凡打に打ち取るために速球を投げ込むようになった。また、打ちにくい球を投げるために、変化球を身に着ける投手も多くなった。1900年にアメリカン・リーグ、ナショナル・リーグの2大リーグになると、多くの投手が登板するようになったが、中には変化球をウィニングショットにする投手もいた。この時期にはボールの握りを工夫してシュートやカーブ、スライダーなどの球種が開発された。

 サイ・ヤングは1890年から1911年までプレーし、MLB史上最多の511勝を挙げたが、剛速球に加えて「魔球」と呼ばれた大きな落差のあるカーブが武器だった。

 そうした変化球とともに、20世紀初頭、多くの投手が投げたのがスピットボールとエメリーボールだった。スピットボールはボールに唾や他の異物をつけて投げるもの。エメリーボールはボールに傷をつけて投げるもの。ともに、ボールを加工して変化の幅を大きくするものだったが、当初は禁止されていなかった。このため剛速球を持っていない投手を中心に、スピットボール、エメリーボールを投げる投手がたくさん登場した。変化球のかなりの部分がこうしたボールだった。

 1920年にルール改正があり、ボールに加工をして投げることは「不正投球」となったが、その時点でスピットボール、エメリーボールを投げていた投手は、引退するまで投げることが認められていた。そのため、セントルイス・ブラウンズのアーバン・ショッカーなど以後もスピットボールの使い手は残り続けた。

 さらに、その後もボールを加工する「不正投球」の疑惑は常にあった。MLB通算314勝をした大投手、ゲイロード・ペリーは、ワセリンなどをボールに塗って投げていたとの疑惑が付きまとったが、処罰されたことはなかった。ペリーは1991年に野球殿堂入りしたが、この時にワセリンメーカーへの謝辞を述べている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」