同僚選手が「スゴい」しか言わない…巨人小林の二塁送球に「バズーカやんけ」

巨人・小林誠司【写真:荒川祐史】
巨人・小林誠司【写真:荒川祐史】

巨人公式YouTubeチャンネルで公開した自主練習動画が100万回再生突破

 巨人の小林誠司捕手の“驚愕”の二塁送球映像が、球団公式YouTubeチャンネルで100万回再生を突破するほど、注目を集めている。4月にジャイアンツ球場で小林が本塁から二塁への送球をする自主練習の様子で、見ていた同僚、スタッフが「スゴい」と連発するほどのすさまじいボールを投げている。

「すごいわ」「すごい球」……見ていた同僚の石川慎吾外野手らスタッフらが感嘆の声を漏らしている。低く、強いボールに、二塁で捕球する用松ブルペン捕手のミット音も銃声のように鳴り響く。石川が「バス―カやんけ」と言えば、岡本和真内野手も「ヤバっ!」と本音が漏れた。

 すごいのはボールの力だけでなく、正確性。用松ブルペン捕手が座ってもきちんと“ストライク送球”でミットにボールが収まった。多少、ボールがそれたとしても、この小林の送球スピードなら悠々アウトにできる。同じプロ選手が驚くほどの強肩ぶり。サングラス姿のイケメンぶりだけでなく、いつまでも見ていられるような、洗練された高い技術だ。

【動画】いつまでも見ていたい 惚れ惚れする巨人小林のスローイング練習映像

RECOMMEND

CATEGORY