野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルト吉田大喜、嶋の二塁送球が後頭部に直撃するアクシデント 3回5安打2失点で降板

ヤクルトのドラフト2位ルーキー・吉田大喜投手が10日、神宮で行われた日本ハムとの練習試合に先発し3回5安打2失点で降板。また、3回には捕手の嶋が二塁へ投げた送球が後頭部に直撃するアクシデントが起こった。

ヤクルトのドラ2ルーキー吉田大喜にアクシデントが【写真:荒川祐史】
ヤクルトのドラ2ルーキー吉田大喜にアクシデントが【写真:荒川祐史】

嶋の二塁送球を避けるためマウンドでしゃがむも後頭部に直撃

 ヤクルトのドラフト2位ルーキー・吉田大喜投手が10日、神宮で行われた日本ハムとの練習試合に先発し3回5安打2失点で降板。また、3回には捕手の嶋が二塁へ投げた送球が後頭部に直撃するアクシデントが起こった。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 1点リードで迎えた3回。吉田大喜は1死一、二塁から王柏融にタイムリー二塁打を浴びるなど2点を失い、なおも2死一、三塁のピンチを迎えたが清宮を見逃し三振に仕留めた。

 だが、一塁走者の渡辺がスタートを切っており、捕手の嶋が二塁へ送球。吉田大喜はマウンドでしゃがみ込んだが、送球が後頭部に直撃しボールは外野に転々と転がって行った。吉田大喜は何食わぬ顔で、そのままベンチに戻っていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」