オリ福田、「右手人差し指剥離骨折」で離脱 7日2軍戦の守備練習でボールが患部を直撃

オリックス・福田周平【写真:荒川祐史】
オリックス・福田周平【写真:荒川祐史】

今後は患部の固定などはせず、状態を確認しながら練習強度を上げていく予定

 オリックスは11日、福田周平内野手が「右手人差し指基節骨近位靭帯付着部の剥離骨折」と診断されたことを発表した。

 福田は7日の2軍でのソフトバンク戦前の守備練習中にボールが満ちて人差し指に当たったため、同日に大阪市内の病院を受診していた。レントゲン、CT、エコー検査の結果「右手人差し指基節骨近位靭帯付着部の剥離骨折」との診断を受けた。

 今後については患部の固定などはせず、状態を確認しながら練習強度を上げていく予定。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

CATEGORY