ロッテ・福田秀が先制阻止のファインプレー! 風速10メートルの悪条件も関係なし

ロッテ・福田秀平【写真:荒川祐史】
ロッテ・福田秀平【写真:荒川祐史】

この日のZOZOマリンスタジアムは風速10メートルの強風が吹き荒れる悪条件だった

 ロッテは11日、本拠地・ZOZOマリンスタジアムで中日と練習試合を行い、1-0で勝利。3回、福田秀平が先制を阻止する見事なファインプレーを見せた。

 0-0の3回、2死三塁のピンチで中日・平田がセンターへ浅い打球を放つ。深めに守っていた中堅手の福田秀が激走、前方に倒れ込み転がりながらもこれを好捕し、先制点の芽を摘んだ。この日は試合前から風速10メートルの強風が吹き荒れる悪条件。それでも難しい打球をなんなく処理し、開幕へ向け猛アピールした。

「パーソル パ・リーグTV」もこのプレーを公開。オフにソフトバンクから出場機会を求めFA移籍しただけに、新天地での外野手争いにも一歩も引くつもりはない。

【動画】深めに守っていた福田秀はセンター浅めの打球に猛ダッシュし、見事なダイビングキャッチを決めた

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY