鷹・東浜にいきなりアクシデント ピレラの打球直撃でヒヤリ

ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・東浜巨【写真:藤浦一都】

治療のために一旦はベンチへ下がるも、そのまま続投

 ソフトバンクの東浜巨投手をいきなりアクシデントが襲った。12日、本拠地PayPayドームで行われた広島戦。先頭のピレラの打球が左太もも付近を直撃した。

 本拠地の空気が凍りついた。1ボール2ストライクからの4球目だった。ピレラが打ち返した打球は痛烈なゴロとなって東浜を襲い、左太ももの内側に直撃した。

 東浜はすぐにボールを拾い一塁へ送球。ピレラをアウトにしたものの、その場にうずくまった。森山投手コーチとトレーナーがマウンドへ駆け寄ると、そのまま治療のためベンチへと下がった。治療を終えて再びマウンドへと上がり、東浜は続投。広島ベンチから拍手が起こっていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY