「下位打線と呼ぶのはやめてくれる?」 西武山賊打線の“控え組”が急成長

西武・川越誠司【写真:宮脇広久】
西武・川越誠司【写真:宮脇広久】

川越、鈴木、呉らが若手たちが絶好調

「ハァ~、今日もまたすごい試合だったな……」

 西武の辻発彦監督は12日に行われたロッテとの練習試合終了後、記者会見の冒頭に深いため息を漏らした。16安打9得点で、12安打6得点の相手に圧勝。前日の11日も16安打12得点で、18安打8得点の楽天を降していたのだ。リーグ連覇を果たした昨年も一昨年も、チーム打率はリーグトップ、チーム防御率はリーグワーストで、その傾向が象徴的に表れた格好だ。

 投手陣には不安いっぱいの辻監督だが、打線の話になると当然言葉が弾む。「打撃陣はまずまず。そんなに心配しなくていいのかなと思います」と余裕を見せる。

 主砲の山川が相手投手の失投を確実にオーバーフェンスする精度の高さを見せれば、打撃不振にあえいでいた森もここ2試合で急上昇。さらに“脇役”たちの打棒が凄まじい。投手から外野手に転向し2年目の川越誠司は3試合連続でフル出場し、4回にはロッテの開幕投手である石川から右中間へ2ランを放った。9日の楽天戦でも1発を放った一方で、11日は5打数1安打4三振。粗削りだが、「三振でもいいからフルスイングしようと思って打席に入りました」と屈託がない。

 辻監督は「試合に出続けていれば、ボールの見極めが良くなってくる。たまに出場して、いきなり打ちなさいと言われていては、ホームランが出る一方で三振が増えるのもしかたがないが、こうやって1試合任せれば、慣れがプラスになり技術も上がってくる」と高く評価した。

秋山が抜けた穴を全員でカバー、若手の成長と新助っ人の活躍があればお釣りも…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY