野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人新助っ人サンチェスが炎上で開幕不安 一発を含む3回7安打6失点で降板

巨人の新助っ人エンジェル・サンチェス投手が13日、東京ドームで行われた日本ハムとの練習試合で先発。3回を投げ7安打6失点と大炎上した。

巨人のエンジェル・サンチェス【写真:荒川祐史】
巨人のエンジェル・サンチェス【写真:荒川祐史】

オフに年俸3億4000万円の2年契約で入団したエンジェル・サンチェス投手

 巨人の新助っ人エンジェル・サンチェス投手が13日、東京ドームで行われた日本ハムとの練習試合で先発。3回を投げ7安打6失点と大炎上した。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 オフに年俸3億4000万円の2年契約で入団したサンチェスは1回、先頭の西川に四球を与えると、二盗を許したあと3番近藤に先制の中前適時打を浴びる。4番中田を空振り三振とするも近藤にも盗塁を許し、2死二塁から5番渡辺、6番清宮、7番横尾と3連打。初回からいきなり4失点を喫した。

 2回にも9番中島にレフトへ二塁打を浴びると、2番大田に特大の2ランを被弾。3回こそ無失点に抑え2三振を奪ったが、開幕へ向け大きな不安を残す結果となった。

 一方、巨人は2回に岡本のソロ、吉川尚の2ランで3点を追い上げ、3-6のまま4回の攻防を迎えている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」