野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人“育成の星”沼田翔平は「上半身が強い」 恩師が語る理想形は元中日浅尾

巨人の沼田翔平投手が5月31日に支配選手登録された。18年育成ドラフト3位で入団してスピード出世を果たした19歳の原点を探るため、旭川神居中、旭川大高時代の恩師に話を聞いた。3回に分けてお届けする。最終回は旭川大高時代の山本博幸部長。

巨人・沼田翔平【写真:荒川祐史】
巨人・沼田翔平【写真:荒川祐史】

旭川大高時代の山本博幸部長が明かす沼田の原点

 巨人の沼田翔平投手が5月31日に支配選手登録された。18年育成ドラフト3位で入団してスピード出世を果たした19歳の原点を探るため、旭川神居中、旭川大高時代の恩師に話を聞いた。3回に分けてお届けする。最終回は旭川大高時代の山本博幸部長。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 沼田の公称サイズは175センチ、65キロとプロ野球投手としては小柄で細身だ。それでもキレのあるボール投げることができる原点は高校時代にある。投手を指導する山本部長が重視するのは、体重や筋肉量ではなく、柔軟性と正しい体の使い方だ。

 國學院大時代のトレーニングコーチとともに自ら実践してたどり着いた指導法で、直すのはフォームではなく、走り方だという。「頭の位置や骨盤の位置などを確認しながら走り方、止まり方を練習します。体を正しく使えたら、ピッチングも良くなるし、ヒョロヒョロでもスピードは出ます」と説明する。実際、沼田の同学年には最速140キロ超の投手が4人もいた。

 山本部長が初めて沼田を見たのは、中学2年の時。背番号「5」をつけてマウンドに立つ小柄な右腕の投球に魅せられた。「きちんとスコアをつけていませんでしたが、たぶん一人もランナーを出していない。完全試合だったと思います。体は細いけど、抜群に速い球を投げていました」と振り返る。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」