野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹、栗原が開幕スタメン当確の2安打、練習試合大勝締め 広島はドラ1森下が9失点

ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームで広島と練習試合を行い、9-3で大勝した。2番で起用された栗原が2安打2打点、5番の上林も2打点と結果を残し、開幕前最後の練習試合を勝利で飾った。

ソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】

ソフトバンクの二保は5回を投げて3失点とまずまず

 ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームで広島と練習試合を行い、9-3で大勝した。2番で起用された栗原が2安打2打点、5番の上林も2打点と結果を残し、開幕前最後の練習試合を勝利で飾った。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 初回、牧原が内野安打で出塁すると、栗原が左翼への二塁打でチャンスを拡大。上林の適時内野安打で2点を先制すると、松田宣も2点適時打で続いた。4回には相手のミスに乗じて栗原の適時打やバレンティンの適時打などで一気に5点を追加。広島ドラ1の森下から大量9点を奪い取った。

 開幕ローテ入りが決まっている二保は初回、2回で計3点を許したが、3回からは立て直して5回3失点。6回をルーキー津森が無失点に抑えると、7回からは開幕ローテから外れた高橋礼投手がマウンドへ。2回を完璧に封じ込み、最後は森が締めた。ソフトバンクは練習試合12試合を6勝5敗1分けと、1つ勝ち越して終えた。

 広島は開幕ローテ入りが決まっているドラフト1位ルーキーの森下が先発したが、初回に4点を失うなど、4回7安打9失点。味方の拙守もあって、開幕前最後の登板は苦しいものになった。打線も初回、2回で3点を奪ったが、その後は沈黙。3回以降は2安打に終わった。広島は練習試合11試合を5勝4敗2分けで終えた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」